1. HOME
  2. ブログ
  3. ズボラだから楽しめる出汁昆布の使いかた![切って水に浸けておくだけ!]

ズボラだから楽しめる出汁昆布の使いかた![切って水に浸けておくだけ!]

皆さまこんにちは!ナカムラです!
ホームページがリニューアルしたのをきっかけに、何か少しでもお役立ち情報をお届けしていこうと思い立ちましたので、不定期になりますが(!)今日から私目線でそのときお伝えしたいコトを発信していきたいと思います!

記念すべき第一回目は「ズボラだから楽しめる出汁昆布の使いかた!」

今までよりも、おうちごはんの時間やつくる量が増えたご家庭も多くなっているのではないでしょうか?今回は毎日のお料理が手間に感じる人や、ズボラだけど美味しいごはんが食べたい人におススメしたい、出汁昆布の活用法です。
と、その前に一つだけ。
出汁昆布の楽しみかたや美味しい取り入れ方は星の数ほどあります。正解はありません。あくまでその中での一つをご紹介していきますので、ご参考になれば嬉しいなぐらいの気持ちです。お手柔らかにお願いします。

では、気を取り直して、「ズボラだから楽しめる出汁昆布の使いかた」のご紹介!ですが、平たく言うと、

昆布を切って、水に入れて、時間が経ったら昆布を取り出します。

たったそれだけの事を、時間と文字数をかけて説明しています(笑)
怒らないでくださいね!でも、これがお料理に役に立ちますので!

【その⓪】昆布は出汁昆布を選んでください。

利尻昆布、羅臼昆布、真昆布、日高昆布といった、いわゆる出汁昆布と呼ばれるモノを準備してください。早煮昆布などは向いていません。ちなみにナカムラ的おススメは真昆布です。うまみがあり、少しまろやかで、出汁をとった後に食べても美味しいのです!

【その①】最初は計量しましょう。

まず最初は計量してください。ここはお料理全般でも美味しくするための大切なポイントだと思います!ズボラ自覚のある人は特に、計量だけはしておいて損はありません。
ナカムラ推奨分量は、出汁昆布15g~20gで水1リットルです。昆布はキッチンペーパーでサッと汚れを落とします。表面の白い部分はうまみ成分なのでゴシゴシはしないように!お茶を入れるボトルやタッパー、ボウルなど容器は身近に使えるものでOK!

【その②】時間はじっくり長いほど味が出ます。

基本的には冷蔵庫に一晩置く。それだけで大丈夫です!夕ご飯の前後や寝る前に準備するのがいいと思います。8時間以上がひとまずの目安でしょうか。早くても3時間ぐらいを目安に!お昼に使いたかったら朝ご飯の時に、夕飯につかいたかったから昼食の時に準備すれば出汁を引けます。逆に二晩浸けると、より濃厚な出汁が引くことができます。が、個人的にはそれはちょっと濃すぎるかもしれません。

【その③】昆布を取り出して完成。

時間が経ったら昆布を取り出します。水出しでできた昆布出汁を美味しく楽しむには冷蔵庫で3日ぐらいが目安です。使いきれない場合、長期保存したい場合は冷凍庫で保存しても大丈夫です!僕は新鮮なほうが気持ち的に楽しめるので、ずーっと保存しているよりはどんどんサイクルしていくほうが良いかなと思います。そして取り出した昆布は、美味しく食べることができます!こちらもご紹介しますので、一旦冷凍保存しておいてください!

《簡単な活用法》

まずはそのお出汁を使ってお味噌汁。いつものお味噌汁でもインスタントのお味噌汁でも、初めてやってみるとちょっと感動できます!まずは手始めに!そしてパスタの茹でる水やご飯を炊く水に使う!こちらも手軽でおススメ!お料理の下味感を味わうことができます!

【出汁昆布のイイところ】

今回この出汁昆布をご紹介したかったのは、昆布の栄養素も知ってもらいたかったからなんです。
特にこの2つ!水溶性食物繊維「フコイダン」とうまみ成分「グルタミン酸」
「フコイダン」は海藻特有の食物繊維で、糖質や脂質の吸収を抑え、コレステロール値の上昇を抑えてくれる効果があると言われています。腸から免疫力を高める作用も注目されています。まさに食べて健康!独特なねばり成分の正体は「フコイダン」です。
「グルタミン酸」はうまみ成分で、これがあることで美味しいと感じられる塩分濃度が低くなるため、自然と減塩できます。そして胃腸の働きを良くし過食を防ぐとも言われています。外に出ない生活が続くと体調管理にも気を使いますが、昆布を取り入れることで美味しく健康に近づけそうですね!

こんな活用も!

季節のお野菜のお浸しにも最低限の調味料だけで味が整います。
残り物のお野菜と一緒に浸けて野菜だしにしてもいいですね!それだけでスープやお鍋も美味しく。
僕は居酒屋に行くとほぼ毎回だし巻き卵を注文するのですが、ご自宅でも美味しいだし巻き卵ができるかも!昆布水として飲用水にするだけでも体内デトックスの効果もあると言われています!

ーーーーー

今回はあくまでズボラだから楽しめる出汁昆布としてご紹介しました!
出汁昆布を使ったレシピも星の数ほどあるので、また改めておススメがあればご紹介します!

昆布を手軽に美味しく楽しむ、おうちごはんもいかがでしょうか?(^^♪
京昆布舗田なかでも出汁昆布のご紹介をしています。よければご覧ください!京昆布舗田なかHP
出汁昆布直接のリンクはこちらから出汁昆布のご紹介

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事